白髪はなぜ生えるのか?

白髪は加齢に伴い増えていきますが、若いうちから白髪に悩む方もいらっしゃいます。そもそもどうして白髪が生えるのかご存知でしょうか?

まず、髪の色はメラニン色素の量によって決まります。メラニン色素の量が多ければ黒髪に、少なくなれば茶色、そしてメラニン色素がほとんどないまま生えてくるのが白髪です。

しかし実をいうと、毛根で髪が作られた直後はにはメラニン色素が含まれていないので、生まれたての髪は白髪なのです。ではどういう過程で髪に色が付くかというと、毛母細胞の周りにはメラノサイトと呼ばれる色素生成細胞があり、この細胞がメラニン色素を作り出します。毛根で成長していく過程でメラノサイトからメラニン色素を取り込こみ色付けされます。そしてそのまま毛根から押し出されていくように色付けされた髪の毛が伸びていく、というサイクルです。

ところが、何らかの原因でメラノサイトからメラニン色素が作られなくなると、もともと無色だった髪の毛は色付けされないまま毛根から押し出されて伸びていくので白髪になるのです。

白髪用カラートリートメント、マイナチュレカラートリートメントの口コミはこちらから