余りにもひどい

成24年から、中学校ではダンスが必修化となりました。今の子たちは、

一昔前のフォークダンスやマイムマイムが主流だった時代とは違い、ヒップホップダンスなどは身近な存在となっているという子も多いのではないでしょうか。

では、実際には学校での必修化についてどう感じているのでしょうか。実は、先生たちは「恥ずかしがってやらないのではないか?」と思っていた様。しかし、実際生徒たちは楽しんでやっているといいます。ヒップホップなどの人気により、生徒たちもダンスには興味があるという子も多い様。「エグザイルが好きだから、いつかあんな風に踊りたい」「既にダンスを習っているから」という声もあります。今は、ダンスもエンターテイメントとして注目が集まっていることもありダンス人気は中学生にも広がっているということではないでしょうか。ダンスが必修化した理由には、音楽でのイメージを膨らませ表現するということ、仲間とのコミュニケーションを目的としていますが、意外にも生徒たちは既に自己表現することの楽しさやコミュニケーションの楽しさを理解しているのかもしれませんね。ダンスの必修化から、何か新しいものを得てくれていると嬉しいですよね。これから、ダンサーになりたいなんて子たちが増えてくるかもしれません。エンターテイメントとしての夢が、これをきっかけに見つかるなんていうのも素敵なことかもしれませんね。ダンス必修化に何か期待を感じてしまうのは私だけでしょうか。ベルブラン