DHAの効果や特徴

DHAの効果や特徴としては、抗ガン作用と抗アレルギー作用が広く世間では注目されているそうです。例えば、乳がんや大腸がんといった恐ろしい病気が急激に増加していたり、炎症やアレルギー疾患の発生率が年々高くなっているのは、毎日の食事などで魚の摂取量が激減しているということと相関性が深いのだと言われています。

    DHAには、顔を発生させる発がん性物質、プロスタグランジンと言う物質を抑える効果があるようで、摂取し続けることでプロスタグランジンを正常化してくれたり、これ以上増加しないように抑制してくれることがあるのだそうです。一般的に認知度が高いアトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、気管支ぜん息や植物アレルギーまたは花粉症などといったアレルギーは、体の中に入った抗原、つまりアレルゲンを排除しようと言う作用が起きて、ヒスタミンやロイとコリアン、またはPAFといったものが意図的に過剰な位生成されることで原因が起こるのです。DHAはそれらの中でもPFを生成する部分をシャットアウトすることができてアレルギーを抑えてくれる効果があるのだそうです。春先に花粉症で苦しんでいたり、年中アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎または喘息などで苦しんでいる方々は、欧米がしている肉中心の食事から、意識的に魚中心の色生活えと変更して行くことをお勧めします。https://xn--epa-uj4bpa2a7k1eydvdi3icb.xyz/