検査した血液

健康診断や病院にかかった際に検査した血液。この状態が割と深刻に良くない場合、早めに改善したいところです。しかし、血液をサラサラにするにはどうしたらいいのでしょうか?

素人が簡単に思いつき、簡単に始められるものなのか、それすらわからないのです。そこで血液をサラサラにする方法を少し調べてみました。例えば納豆キナーゼ、納豆キナーゼは血液の中の問題児である決戦を溶かしてくれる効果があるそうです。しかし、決戦を防ぐ腕ファリンと言う薬を飲んでいるならば、少し注意して食した方が良いかと思います。次にクエン酸。オスや梅干し等に含まれていると言うクエン酸は疲労回復にも効果があるそうです。また血小板が必要以上に集まるのを防いでくれる効果もある。ポリフェノールも期待ができます。赤ワイン、ぶどう、緑茶、ココアなどに含まれているポリフェノールは、コレステロールの酸化を防いでくれる効果があるそうです。またポリフェノールの1種であるカロチノイドと言う成分も動脈硬化予防になるそうです。最後はDHA&EPA。青魚に多く含まれていると言うDHAやEPA。DHAは、血管を強化してくれたり赤血球の柔軟性を向上させてくれる効果があるそうです。EPAには決戦を作りにくくしてくれて血流を良くするサラサラ効果があるそうです。しかし、DHA&EPAは、食事で出てくる魚料理からはなかなか摂取するのは難しいようです。なぜなら魚に火を通すとDHA&EPAは、消滅してしまうそうです。そこでお勧めしたいのがDHA&EPAサプリメント。簡単便利で継続しやすいので魚をたくさん食べるよりも効果が期待できると思われます。https://xn--dhaepa-1q4eya7b2yygla2jb.xyz/