個人再生での最低弁済額の額はどれくらいになる?

最低弁済額とは、
個人再生で債務や所有財産によって決まる返済額のことを言います。
そのため、その金額はさまざま。

最低弁済額の基準が決まっていますので、紹介しますね。
まず、債務総額が100万円未満であった場合。
この場合、最低弁済額は債務総額になります。
100万円以上から500万円未満であった場合は、100万円。
500万円以上1500万円未満であった場合は、
債務総額の1/5が最低弁済額になります。

それ以上は、
・1500万円以上3000万円未満「300万円」
・3000万円以上5000万円未満「債務の1/10」

このようになります。
個人再生は、借金総額が5000万円以上になると、申し立てができません。
奨学金の返還の場合、高額でも個人再生が利用できますが、
そうでない限り難しいでしょう。

最低弁済額は、知っておくと個人再生手続きのときに役に立ちます。
ここでもそうですが、
ネット上で最低弁済額を掲載しているサイトもたくさんあります。
個人再生は支払いの積立てを行いやすいのが特徴です。
ぜひ参考にして、少しでもスムーズに個人再生を行いましょう。

債務整理 高知県