FXトレードを実行するうちに見られるスワップと呼ばれるものは?

FX取引で出てくるスワップと言われているものは、外貨預金でも付く「金利」だと考えてください。
ですが、これは外貨預金の「金利」とは異なり、受け取るだけでなく支払うことが必要な時もあります。

そして、スワップポイントに関しては、「金利の差額」であると説明されますが、現実的に付与されるスワップポイントは、「金利の差額」からFX会社の儲けである手数料を減算した金額になっています。

スワップ金利がもらえるのは日本の銀行と比較して、海外の銀行金利の方が高いという理由からです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差が、FXをする時に獲得するスワップ金利の実態というわけです。

また、スワップ金利と似たものにスプレッドがあります。スプレッドは、購入時と売却時の価格の差ですが、いずれのFX会社も売買手数料は掛からないことになっている代わりにスプレッドがあり、それが現実的なFX会社の儲けになるのです。

このFXのスプレッドにつきましては、その他の金融商品と比較してみても超格安です。正直言って、株式投資の場合だと100万円以上の売買をすると、1000円位は売買手数料を支払わされるでしょう。

この実質的手数料の少なさもFXトレードの魅力の一つです。

モテフィット 口コミ 効果 Aカップ