衝撃、、、乳製品が口臭の原因になる?

乳製品が好きな人は朝昼晩と乳製品を口にしている人もいるはずです。朝は食パンと一緒に牛乳を飲み、お昼はパスタにパルメザンチーズをかけて、夕食のデザートにはチーズケーキを食べるなど一日に何度も乳製品を口にする機会があるという人も多いです。

そんな乳製品が口臭の原因になるという噂を聞きましたが、本当なのでしょうか?そして本当だとしたら、どうして口臭の原因になってしまうのでしょうか?調査してみました。

コーヒー自体香りも良くコーヒーのを入れた後の殻(コーヒーかす)は消臭剤としても使用されます。その為、一見すると口臭対策にも使えそうですが、実はカフェインが含まれている事によって口臭の原因になってしまうそうです。

まず、口臭の主な原因は口腔内の問題だと言われています。口腔内を正常に保つことで口臭は減少すると言われています。口臭の原因の中で大きいのが口臭の原因になる菌が活発になる環境である唾液の減少です。唾液の減少は口の中を酸性に傾け口臭の原因菌の繁殖がしやすい環境を作ってしまいます。

そして、コーヒーに含まれているカフェインには神経を刺激して、緊張状態を作り出すので唾液の量が減ってくると言われています。コーヒーを飲むと口臭がしてしまうというのはこれが原因なんですね。

また、コーヒーにはトイレが近くなる利尿作用があります。その為口臭の発生具合が加速してしまうのです。口臭を気にするならカフェインレスの飲み物を飲むのが良いでしょう。

ただし、ソフトドリンクなどの砂糖(糖分)がたっぷり入った飲み物も唾液の減少を引き起こす原因と言われているので注意です。

飲むならノンシュガーのカフェインレスの飲み物がおすすめですね。

また最近では口臭サプリメントが沢山の種類販売されています。数年にわたりこれだけ売れているのである程度の効果があると思います。私が注目しているのがカオリッチです。他の口臭サプリメントと違うのが炭のチカラを使っているという点です。

炭はその形状から昔から消臭パワーが強いと言われています。炭のチカラで強力に脱臭してくれそうで信頼できるサプリメントだと思います。カオリッチに興味がある人はカオリッチの効果や口コミを紹介するサイト『カオリッチの口コミや効果に潜む悪評を【大暴露】』を見てみてください。

カオリッチのメリットやデメリットを知ることが出来ると思います。特に定期コースの継続条件には注意が必要ですね。カオリッチを飲むことで自分の息に自信を持てるようにしましょう。