バツイチ中年男性は40歳になって結婚相談所で再婚を真剣に考え婚活を意識し始める

20代や30代のうちに一度離婚を経験した男性も40歳を契機に再婚を強く意識し始め結婚相談所婚活をする人は意外と多いようです。

離婚したばかり頃は、久しぶりに独身に戻った解放感を感じる日々の生活を謳歌しているかもしれません。

男性と女性によって違う結婚や再婚を意識するタイミング

しかし、多くの男性は自分の老後を考えた40歳のタイミングをむかえた時、再婚に対して婚活を始めます

一般的に女性は35歳が妊娠に関する大きな分岐点と言われています。

なので、最近は結婚相談所婚活する男性の多くは35歳までの女性を求めます。

それは、初婚の男性は特にそうで35歳をすぎた女性は高齢出産になることを知っているからです。

一方の男性は女性に妊娠させることができるのもちょうど40歳がターニングポイントと言われています。

つまり、男性にとったら年齢は関係ないなどと思うのは大きな勘違いです。

男性はいつまでの婚活に対して呑気に構えていてはいけない

男性は少し女性に比べて猶予はあるにしても、若ければ若いほど妊娠させやすい体であることは間違いありません。

その点をよく考えて、結婚相談所婚活するようにしましょう。

結婚相談所婚活を始める女性が
「40歳以下の男性を紹介してもらえますか?」
などと、男性に限らず女性も相手の年齢を条件として提示してもおかしくなくなるかもしれません。

婚活する際、結婚生活は決して嗜好品と考えてはいけない

現代社会の生活スタイルの変化により、結婚生活に対しての価値観は昔と大きく違います。

そんなことを私は入会した結婚相談所のアドバイザーにあることを忠告されました。

もちろん、アドバイザーの人は説教するつもりはないでしょうが、どこか私は叱られた気分になりました。

それが結婚生活を生活必需品としてとらえるか、嗜好品としてとらえるかということです。

男性より女性は結婚生活を嗜好品としてとらえて婚活しているケースがよくあるそうです。

「私を幸せにしてくれる男性」
ということが無意識でも第一条件に挙げられるでしょう。

もちろん、男性としても女性や子供を幸せにする義務はあるかもしれないが、女性も決して受け身で考えてはいけないのです。

昔はあくまで、結婚生活は必需品だった

昔は、結婚はして当たり前という感覚が強く、いわば生活の一部でした。

しかし、時代の流れも変わってきて、結婚しなくても生活は確かにできますし、面倒なことから避けられるので意識的に結婚しないという考え方の人も多いでしょう。

便利な世の中なのはいいですが、独身のままでも生活はできるし結婚して気を遣って他人と暮らすより気楽に感じる人が増えるもの自然な流れなのかもしれません。

婚活をしていて「この人を幸せにしてあげたい」などと魅力的な人ばかりではないかもしれません。

たいていの人、特に女性は私のことを幸せにしてくれる男性を探している傾向があります。

その点、バツイチの女性ならその現実をけっこう知っているのでいいかもしれません。

しかし、シングルマザーなら確実に男性の年収はチェックされるので、結局、初婚でも再婚でも考えるポイントが違うだけでいい点も悪い点もあるということなのかもしれません。


40歳になったバツイチ婚活男性の再婚への思い