筋トレと筋肉痛

慣れないスポーツや引越しの手伝いなどで、からだを激しく動かすと、翌日以降に筋肉痛に襲われることがあります。運動後に遅れて出てくることから、専門的には、「遅発性筋肉痛」と呼ばれています。筋トレでも、長く運動から遠ざかっている場合には、はじめのうちには筋肉痛が起こります。やがて、筋肉痛は出なくなりますが、だからと言って効いていないわけではありません。筋肉痛の有無はトレーニングの成果目安にはなりません。そもそも、トレーニングで筋肉痛がなぜ起こるかというメカニズムはまだ100%解明
されていないのが、現状です。
かつて、筋肉痛は筋繊維の損傷や炎症によって生じると考えられてきました。損傷や炎症が起こると確かに痛みを感じる物質が分泌されてくるのですが、詳しく調べてみるとかなり激しい筋トレをしても、筋繊維には大きな損傷や炎症は生じていないことがわかってきました。現在最も、有力な仮説は、筋繊維から漏れ出した物質の影響を受けて、脳で痛みを感じる「閾値」が下がるというもお。ここで「閾値」とは、ある反応を起こすときに必要な最低限の刺激をさします。加圧シャツ「ビタンザゴースト」は新素材を使用とした最新鋭なのです