昭和の時代の家をリフォームする!昭和の、だから。

昭和の時代の家をリフォームする!建て替えができるならそれに越したことはないのですが、バブルがはじけて この平成という時代は2008年のリーマンショックからの立ち直りも定かではなく、経済的にはどんよりしたままの状況が未だに続いております。だからリフォームしかできないのです!行政のトップのAさんは、景気回復、経済最優先を連呼しておりますが、個人消費が伸びることなどは この先もお先真っ暗です。

この昭和の家をリフォームすると考えると、風呂場の暖房&ユニット化、LED証明に替えるなんていう贅沢はカットします。台所はせめてシステムにと思います、ママがうるさいので。リビングも壁紙だけは何とかしたいですし、トイレも一応は洗浄型なのですが、私の書斎も兼用してますので暖房とちょっと広めに!と思っております。

希望を言えば際限ありません!ウッドデッキも、壁も塗装したい、助成金も考えて和室も欲しい、ビフォーアフターのように秋田のおふくろ呼んで感動に浸りたい。2階を増築するなんて夢はありません!せめてトイレをなんとかしたい。

リフォームは補助金・助成金でワイズ・スペンディング!