なにごとも練習がものをいう

ゴルフの練習を続けてようやく100切りが目前になっている人が悩むところはパッティングではないでしょうか。

これはグリーンによって傾斜が違いますし、芝目を見ながら緊張状態で打つので、なかなか難しいと思う人も多いと思います。

さらにパターの練習というのは、あのよくある安いパター練習道具なんかを使っていてはいつまでたっても上達しませんよ。

ほんとうにパターがうまくなりたかったら、きちんとしたパターゴルフ練習場でみっちり練習して、距離感や力加減をマスターするしかありません。

それが上達への近道ですし、100切りへの近道でもあります。

まずは練習時間をノートか何かにつけていくことから始めましょう。

これはどういうことかというと、ドライバーなどの練習はたぶん爽快感もあるし、運動しているという気になるのでたくさんしがちなんですが、パターの練習というのは単調でなかなか時間を割くことはありません。

しかし、練習量はドライバーショットと同じくらいか、またはそれ以上の練習をしないと上達はしませんからね。

結婚式に両親にプレゼントしたい