離婚を決めてから

1.離婚するか否かで大きく違います
探偵事務所で配偶者を調査してもらったところ浮気が見つかったならば、離婚するか気づかないままにするのか決めかねますよね。
まず頭を冷やして、探偵事務所に依頼の電話をかける前に、よく考えておくことが賢明です。
法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、不貞行為に対する慰謝料を要求して離婚してしまうのも一つの案です。
身なりを確認して浮気の実証ができます。
浮気をすることで、目立って現れてくるのは変化していく服装です。
それまではお洒落には興味がなかったのに、突然、服装にこだわりができたらよく見ることが重要です。
今後、浮気をしそうな人がいたり、とっくに浮気のパートナーがいたりするかもしれません。
着る服の趣味が今までとは異なりだしたら、怪しい兆候です。

浮気相手に好かれるための服装にしようとしていたり、格好よく見えるよう頑張っていたりすることもありえます。
突然、服装の色やデザインが年齢とは合っていないものをセレクトし出したら、非常に危険です。
とりわけセクシーな下着を着るようになってきた時は浮気をしているかもしれません。
信頼性の高い探偵事務所に出会う方法としては、利用者による口コミを調べると安心です。
ここで重要なことは、探偵事務所が運営するホームページに紹介されている口コミを参考にするのではなく、全然関係のない掲示板や相談サイトに書かれているような口コミを確認するのがお勧めです。
その探偵事務所の純粋な利用者による口コミは、比較にならないくらい信頼できる情報と言えます。
浮気の裏付けがSNSでばれてしまうこともあります。
SNSは実名を公表しないのでパートナーも注意が足りずに、私生活についてさらけ出しすぎてしまう事が珍しい事ではありません。
場合によっては、浮気を証明する根拠となる行動を記入している場合もあるのです。
ユーザーIDを見つけたなら調査してみて下さい。
配偶者の浮気を疑い、外部機関に調査を依頼する時には、あり得ないほど低い報酬額であったり、または高過ぎる料金であったりする業者ではなく、より細かな料金プランが提示されていて、後で追加料金を請求してこないような探偵事務所が望まれます。
他には、探偵業者としての必要届出を済ませているのかどうか事前に調べておくべきです。
違法調査を実施しているところへは依頼しないように気を付けましょう。
夫の浮気相手のところに妻が談判に行って惨憺たる状態になるのは、ドラマ・芝居で目にすることも多いです。
夫人の浮気現場にご主人が乗り込むことになると、傷害や場合によっては殺人さえも起こるというサスペンスドラマも少なくありません。原一探偵事務所

2.現場に乗り込む
配偶者の浮気の現場に自ら乗り込むのも方法としてアリです。
離婚になってもいいと思う場合は、問題ないかもしれません。
結婚した人の不倫を調査を探偵に依頼する際には、普通は、調べる人が何人で、どのくらいの期間に渡って調査を行っていくのかを事前に話し合います。
時間給の相場は1時間あたり1万円以上なので、調査期間が長期になればなるほど調査料金が高くなります。
探偵事務所によっても、働かせる道具や調べる人の才能は異なりますので、周りの人の評価なども参考にしたら良いと思います。
探偵が尾行する際の料金はどのくらいかと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが、1万円から3万円程度が1時間あたりの相場です。
当然のことですが、調査員の数が少なければ安く、多くなるほど高くなります。
また、尾行の時に車やバイクを使うと、別に交通費や車両費として請求される場合がありますので、確認がいります。
探偵に浮気調査を依頼して払う費用内容は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。
実費には移動にかかる費用、写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、張り込み時の食事代が加算される場合もあるみたいです。
時間給は、人数×時間で費用が算出されます。
調査にかかる時間が短いほど請求金額も少ないです。