ある気づき

美魔女と言われたり、若いと驚かれたりする者です(笑)

心がけていることは特にありませんが、ある時「気づき」がありました。
25歳を過ぎたころ、まわりの女友達たちにやたらと「歳」を気にする人たちが現れ始めました。

結婚を意識して「30歳前に結婚しなきゃ」とか会社に可愛い後輩たちが入ってきて「若い子にはかなわない」とかなぜか自分でラインを引いて焦りだしたり、落ち込んだり。

その結果「歳」を気にする人は何をしていても「もう歳だから…」と話をしていても必ず口にするようになりました。何かうまくいかないと「もう、歳だからかなぁ」「「やっぱり歳だからだめなんだ」「歳だから振られたんだ」とすべてをそこに結びつけていきました。そして希望通り?のダメな結果を呼び寄せていました。

逆に、わたしは全然歳を気にしていませんでした。そして「ずっと27歳だっていうことにしよう」と勝手に決めました(笑)

もちろん外見だけのことではなく、自分が自分を「わたし若いし」と認めてあげることが出来たんです。あとは、自分を大切にすることを考えたら自分の口から自分に対して「もう歳だよね…」と言いたくないな。と思ったんです。走りすぎて頑張りすぎて疲れた時はただ休めば良い。嫌な事は嫌だと言う勇気や弱さを認める勇気。こういうこともエイジレスを保つ対策です。まわりにも自然と若い人(若く見える人も実年齢が若い人も)が集まってきます。そしてさらに美魔女でいられるのだと思います。今すぐ口癖を見直すことと、「自分は若い」と決めてしまいましょう。

赤のとち姫